受験生諸君へ(指示事項多数!)

※高1高2生たち、ごめんよ。なんかブログに受験生用の記事ばかりのせて。
この1週間は「必死」なの。受験生の先輩たちに免じて許して。
・・・・「来年の今頃は、こんなことをやらされてるのかー」という意識で読めば、かなり役に立つけどね。

★早くも私大一般入試へ出陣した諸君へ
今日が初戦だった子もいるな。
センターとは異なり、私大一般に関しては、「感触」を報告してよい。
ただし、「行けた」かどうかは、「振り返るな」。
手応えだけを頼りに、初戦の反省をしたら、次の戦いのこと「だけ」を考えよ。

明日以降が初戦の子たちは、とにかく、
 「解ける問題を」確実に撃破すること
 体調管理を万全にすること
の2点を気をつけよ。

★センター答案再現を終えた受験生諸君へ
合否判定システムが稼働したぞ。
若干アクセスが混雑気味だが、POS上から内容を確認しておくこと。

・・・・ただし、「早まるなよ」。
国公立の出願決定に際しては、センターの平均点がどうだの、判定が「B」だの「C」だのよりも重要な注目すべき数値があることを忘れるな。詳細は面談で指示する。(指示した項目をちゃんとやった人にしか適切なアドバイスはできないぞ。協力頼む。)2次試験でどう戦えば合格できるか、を指示するのが面談の目的。
その内容が「不可能」だと判断すれば、勇気ある方向転換だ。

そうそう、私立組は準備万端だと思うが、出願の可能性が「十分」ある大学の願書に関しては、大急ぎで準備しておけよ

※面談日時確定の連絡は、「例の」メールなどを通じて実施中です。お返事が遅れてる子たち、ごめん。

★事情により答案再現が未完になっている受験生諸君へ

下記の5つを実施してくれ。大至急だ。

 ①校舎で用意してある答案記入用紙に答案と正誤を記入して提出
 ②校舎で用意してある自己採点用紙に得点を記入して提出
 ③志望校申告シートに必要情報を記入して提出
 ④最終面談日時指定書を記入して提出
 ⑤その他、マル秘指示書に指示してあった項目のうち答案再現以外の項目をもれなく実行


以上の実施で、問題なく面談ができる。
 
※校舎の生徒用PCのデスクトップに出している「今だけアクセス」アイコンの内容もチェックしておけよ。
(あ、高1高2生は、見ちゃダメだぞ)

★2次過去問演習講座で現代文を実施中の諸君へ

 いよいよ、今年も「この時期」がやってきたな。一度解答して、添削採点+解説講義を受け終わった年度の現代文に関して、2巡目の演習を先行解禁する。

※なんと、2回目の印刷が今年から初実装されたんだぜ。これで、白紙の状態から2巡目演習ができるな。
なお、2回目の答案提出先は、本部FAXではなく、<ば>宛だぞ。間違うな。気合い200%で添削する。厳しくやるけど、ついてこれるよな?!

去年の例だと、仕事の合間だけで、のべ数百枚分の過去問を添削したんだから、しんどいのは、お互い様だ。

★答案練習講座受講中の諸君へ

 覚えているな?今年の答案練習講座は、全教科「2巡目」の添削指導が「タダ」でついてきてるんだぞ。
もう、過剰サービスと言ってもいい画期的新機能。これを活用しないのはアホだろ!?
2回目提出の手順詳細は指示するから、1巡目がまだの子は猛烈スパートだ!

★後期試験などで、「小論」が必要な諸君

大急ぎで、何年度のものでもいい。過去問を提出しろ。
「どのタイプの」小論かによって、やるべき対策内容が全く異なる。
タイプによって、
過去問を解いて提出、もしくは、<ば>特製「ガムの課題」テストに移るか指示するので
早めに、動いてくれ。東進の直前講習用小論講座は、添削が1回しかないので、過去問の添削指導は<ば>が引き受ける。もちろん、小論の添削指導は、小論講座(および類する物)の受講者だけ、な。

                                                 <ば>

★高松常磐町校へお問い合わせの方へ
チラシなどをご覧になられて、本ページに来られた方、ありがとうございます。
本ブログは主として塾生のための連絡板として運用しておりますので、
体験授業や春期講習のご相談は、
問い合わせ専用フリーダイアル 0120-02-1359 をご利用いただくか、、
本ブログ左メニューに問い合わせボタンをご利用下さい。
★高松レインボー校にお問い合わせの方へ
校舎直通電話が開通いたしました。
087-813-8104(校舎直通)までお問い合わせ下さい。
(開校時間帯以外のお電話は、自動的に高松常磐町校へ転送されます。)
本ブログ左メニューの問い合わせボタンもご利用いただけます。



----------------------------------
穴吹進学ゼミナールのHPはこちらから↓
http://www.ksz.anabuki.gr.jp/
----------------------------------
[PR]
by ttokiwa-ksz | 2011-01-20 22:41