第2回センター試験本番レベル模試おつかれさま

★高2~高卒通期生諸君へ

第2回4月センター試験本番レベル模試おつかれさま♪

今回も、模試当日の内に自己採点票提出率が高かったね。
すばらしいことです。時間の都合で、提出できなかった子は
4/20(水)までに必ず提出
すること!

言うまでもないが、自己採点の意義は下記の2点

 ①センター試験本番では、自己採点結果を元にして、いわゆるセンターリサーチを行う。
  つまり、各高校で実施される出願校決定面談は、すべて「自己申告点数」によるもの。
  ここがズレているようでは、出願決定面談自体が無意味になる。
  いつも言ってるように、自己採点の「ズレの絶対値」の合計が3点以内が理想。
  この手のミスは、当日だけ気をつけても無理。普段から予行演習が大事だ。

 ②模試の復習は、早ければ早いほどよい。
  解いた感触が残っている内に、自己採点結果を元に反省し
  間違えた問題について、即復習。その材料として、自己採点結果が重要。

※今回から、模試解説冊子に自己採点集計作業用コーナーが新設されたので、
 作業が楽になったね。これ、すばらしい改善点だと思いませんか??

さて、自己採点票を提出しながら「涙目」の子数名には、すでにアドバイスしたんだけれど、
自己採点結果を見て「一喜一憂」しても無意味だぞ。
模試は、あくまでも『模試』。次回に向けて、どのような努力を継続すべきかを考えるのが重要。

ベテラン勢は
 ①成績表が返ってきたときの「★」を予測して!
 ②模試以前に、そもそも「向上得点」自体が取れていたのか反省して!
 ③基礎学力が「蒸発」していないか、謙虚に反省して!
  (たとえば、金色王冠の定点、やってみ?)
  
新人組は
 ①英語と古文の長文問題は、分からなかった単語にマーカー入れといて。
 ②×だった問題は、「ペース配分ミス」「単純ミス」「力不足」の3つに分類しておいて。
 
※理解しているとは思うんだけど、そもそも、「絶対評価」の東進模試と、
「相対評価」の他社模試とでは、成績の見方はもちろん、反省のやり方自体が違うので、注意。

今後の予定
 ☆センレベ解説授業は、4/20(水)から開始予定。POSメニューをよく見ておけ。
 ☆センレベ成績表返却面談は、4/25(月)から開始予定。返却面談もそこから。
 ※おっと、模試の復習やるからといって、受講のペースは落とすなよ!


                                                <ば>

★東進・高松常磐町校へお問い合わせの方へ
チラシなどをご覧になられて、本ページに来られた方、ありがとうございます。
本ブログは主として塾生のための連絡板として運用しておりますので、
体験授業や新年度授業のご相談は、
問い合わせ専用フリーダイアル 0120-02-1359 をご利用いただくか、、
本ブログ左メニューの資料請求ボタンをご利用下さい。

★東進・高松レインボー校にお問い合わせの方へ
校舎直通電話が開通いたしました。
087-813-8104(校舎直通)までお問い合わせ下さい。
(開校時間帯以外のお電話は、自動的に高松常磐町校へ転送されます。)
本ブログ左メニューの資料請求もご利用いただけます。



----------------------------------
穴吹進学ゼミナールのHPはこちらから↓
http://www.ksz.anabuki.gr.jp/
----------------------------------
[PR]
by ttokiwa-ksz | 2011-04-18 11:02